• トップページ
  • 館長挨拶
  • 活動実績
  • メディア実績
  • 展示会、イベントの詳細ご案内
  • 奈良町資料館ブログ
  • イベントカレンダー

ジャパン・マレーシア交流プロジェクト2013 青少年教育施設を活用した国際交流事業

【毎日新聞奈良版 2013年11月17日】

『マレーシアの高校生と昔の民具で遊びました・・』

ジャパン・マレーシア交流プロジェクト:マレーシア高校生に奈良の

魅力町並み散策、歴史学ぶ 県内学生と交流も /

奈良マレーシアの高校生らが16日、奈良市の奈良町資料館

など市内を散策して、日本の歴史や文化に触れた。

文部科学省委託事業「ジャパン・マレーシア交流プロジェクト」

(国立曽爾青少年自然の家

主催)の一環で、マレーシアの高校生16人が今月8日から

18日まで県内に滞在し、ホームステイ体験などをしている。

民俗資料を展示している「奈良町資料館」の南哲朗1館長(51)

は、元興寺の門前町として栄えた奈良町の歴史や、ヒョウタン型

の酒屋の看板などを紹介。伝統的な町家も案内した。

スリ・プトゥリ高校のアニスさん(16)は、「ユニークでとても

面白い」と笑顔を見せていた。

一行は東大寺や奈良国立博物館も見学。県内の高校生が実行委員

としてこの日のコースの下見をし、16人が一緒に巡った。

関西中央高1年の竹本周平君(16)は「なかなか英語で意思

疎通するのが難しかった。もっと勉強して話せるようになりたい」

と話していた。【小坂剛志】

【活動実績詳細】

掲載媒体 毎日新聞
掲載日 2013年11月17日

一覧に戻る