• トップページ
  • 館長挨拶
  • 活動実績
  • メディア実績
  • 展示会、イベントの詳細ご案内
  • 奈良町資料館ブログ
  • イベントカレンダー
  

【終了】 【春日中学校美術作品展】 「ピースメッセージ展(平和の風)」2018

【春日中学校美術作品展】 「ピースメッセージ展(平和の風)」2018

http://www.naratv.co.jp/news/20180815/20180815-01.html

【春日中学校美術作品展】

「ピースメッセージ展(平和の風)」2018

■日程

8月1日(水)~8月31日(金)

10時~17時

■場所     奈良市西新屋町14

奈良町資料館   【年中無休・入館無料】

■著名人からの作品、メッセージも沢山来ますのでお楽しみに!

■時間 10時~17時
奈良町資料館無休(入場無料)

■概要

・ 本校の3年生は5月に修学旅行沖縄に行き、生徒たち全員が平和への祈りと平和宣言をしました。

ひめゆり平和記念資料館の理事をされていました故 

宮城喜久子先生がH24年6月に本校の生徒達に語っていただいた戦争体験が最後のメッセージとなりました。最後に訴えられましたメッセージも展示しています。

宮城先生から贈呈していただき、「命ど宝」と揮毫された絵本「ひめゆり」は本校の宝物です。

H28年、ひめゆり平和資料館の島袋館長様、H30年に普天間新館長様よりメッセージが届きました。

戦後70年より地域から生徒たちと平和へのメッセージを発信したくて、本年も展示を企画しました。

すべての展示作品から平和への熱い願いを感じ取っていただければ幸いです。

また、様々なジャンルでご活躍の方々の作品やメッセージも展示しています。

今回のピースメッセージ展(平和の風)から一人一人が身近なところから平和と友情のネットワークを築いていってくださることを念願しています。

平和を願った生徒作品(外国の作品含)を展示。

沖縄ひめゆり平和祈念資料館の新館長、普天間朝佳様からのメッセージをはじめ、

戦後70年から届きました著名な方々からの作品、メッセージを展示します。

〇展示期間中は一部作品やメッセージを入れ替えて展示させていただきます。

■内容

    • 授業で作成したオリジナルTシャツ・絵手紙、美術部生徒作品
    • 沖縄平和祈念資料館より(沖縄県の中学生徒優秀作品)
    • 外国交流作品(インドのスネハパブリックスクール、ベトナムレロイ中学校、他)交換作品
    • MOA美術館より(外国生徒作品)
    • 著名な方々からの作品・メッセージ等<普天間朝佳(ひめゆり平和祈念資料館館長)、島袋淑子(ひめゆり平和資料館前館長)、 故 宮城喜久子(ひめゆり平和資料館室長)、天野誠(アンパンマンアドバイザー室長)、  故 やなせたかし(東北被災地に贈呈されたポスター)平田大一(沖縄文化振興会理事長)、藤城清治(影絵作家)、千住真理子(バイオリニスト)BORO(シンガーソングライター)、さとう宗幸(シンガーソングライター)、宮沢和史(シンガーソングライター)、福嶋伸彦(越前焼き陶芸家)、高石ともや(シンガーソングライター)絹谷幸二(画家)、秋元広行(アナタボリビア歌手)、蔦哲一郎(映画監督)、中川五郎(シンガーソングライター)  故 堀越千秋(画家)、千光士義和(ダンボールアート作家)、小池邦夫(絵手紙作家)、桑名晴子(シンガーソングライター)、田口孝夫(日本絵手紙公認講師)名嘉睦稔(版画家)、杉浦貞(街頭紙芝居師)、長谷川義史(絵本作家)、岡崎倫典(ギタリスト)、高月紘(環境漫画家)、池田卓(シンガーソングライター)、山下正雄(三線アーティスト)、金澤翔子(書家)、坂本昭二(ギタリスト)、内田勘太郎(ギタリスト)、ステファン・ミッツラフ(ドイツ芸術家)、丸子孝仁(平等寺副住職)、原大策(NHKアナウンサー)、西垣友香(NHKキャスター)、新口絢子(NHKキャスター)、川本省三(広島ピースボランティア)、原田泰治(画家)、ブライアン・ウイリアムズ(画家)、フランシスコ・j・ヌニエス(芸術監督)、ディアマンテス(ミュージシャン)、森野政順(彫刻家)、重盛功治(連鶴作家)、SHOGEN(ペンキ画家)、やなわらばー(デユオユニット)、小林真樹子(元琉球放送アナウンサー)津波信一(沖縄マルチタレント)他>

http://www.naratv.co.jp/news/20180815/20180815-01.html

中学生が平和へのおもいをTシャツや絵手紙で表現した催しが、今、奈良市にある奈良町資料館で開かれています。
この催しは、平和の大切さを考え、発信しようと、奈良市立春日中学校が開きました。

4回目となる今年は、沖縄を訪れ、戦争の現実を学んだ3年生や美術部員らがTシャツのデザインや絵手紙、イラストなどで、それぞれが感じた平和への思いを表現しています。

また催しに賛同した沖縄のひめゆり平和祈念資料館など、内外から寄せられたメッセージも並んでいます。

奈良市立春日中学校 教諭 杉本哲也さん「沖縄の方言の「命どぅ宝」という言葉が子どもたちの心に強く根付いていると思います 沖縄で学んできた命の尊さを心で受けとめて皆さまに作品を通して見ていただけたらと思います」

また会場では、奈良市内の中学校の美術部による合同作品展と、春日夜間中学で学ぶ人たちが学習の成果を披露した作品展も行われています。

これらの催しは今月31日までです。