• トップページ
  • 館長挨拶
  • 活動実績
  • メディア実績
  • 展示会、イベントの詳細ご案内
  • 奈良町資料館ブログ
  • イベントカレンダー

【終了】石井陽子 写真展『街はぼくらのもの』 2019 「奈良県大芸術祭2019 参加」

石井陽子 写真展『街はぼくらのもの』 


2019 「奈良県大芸術祭2019 参加」


■日時  2019年11月5日~12日


■場所  奈良町資料館 近鉄奈良駅より徒歩15分  A,B、C ゾーンへ展示


■詳細


 住宅地に駐車場、お土産物屋さんの店内に、しか・鹿・シカ!


 人工物のなか悠然とたたずむその姿は、圧倒的な違和感と、


 不思議な愛嬌がたっぷり。


 今からおよそ1350年前、平城京の鎮護のため茨城の


鹿島神宮から武甕槌命(タケミカヅチノミコト)が


春日大社に招かれました。


この時、武甕槌命は白鹿に乗って御蓋山(ミカサヤマ)


に降りられたといわれています。


 以来、奈良の鹿は、神の使いとして大切にされ、


 天然記念物として保護されています。交通事故や近隣


の農家への食害などの問題を抱えながらも、奈良の人々は


鹿とともに暮らしてきました。


 地元の人にとっては鹿がいるのはごく自然なことですが、


 県外から訪れる人々は、野生動物である鹿が街中を自由


に歩いている光景に新鮮な驚きを感じます。


 神奈川県在住の石井陽子もその一人です。


2011年3月、早朝の奈良で交差点の真ん中に堂々と立つ


2頭の鹿に魅せられて、「鹿写真家」としてその姿を


 ずっと撮り続けてきました。


この展示では、鹿写真家・石井陽子による奈良にしかない


「しかしか」写っていない不思議で楽しい写真の数々を


 ご覧いただきます。

一覧に戻る